");}

使わない中古ドメイン

欲しいな、と思った表現機能の参考例

ニコリーでは強調したい文章に対して大きな文字とオレンジカラーで強調する表現が多く活用されている印象がありますが、大きなフォントカラーの多用は個人的に素人要素を感じます。

 

そこで、よりスマートに文章を強調させていくためのバリエーション追加として、太字による蛍光カラー下線や、ピンク(?)ではなく赤のカラー(赤色は否定的な文章に、よりフィットする色という考え)の強調表現の機能があると良いなと感じています。

 

また、ターゲットユーザーにとって、知らない難しい言葉がでてくるときは、1つの文章ブロック(コンテンツ)の中でまとめて言葉の意味を説明しがちですが、

 


 用語説明枠とは
このように別枠で用語の説明ができたりすると、説明とコンテンツを切り分けることができ、メリハリのある分かりやすいコンテンツが作れるのではないかと考えています。

 

こんな感じの枠とか

さまざまな用途で活用できる

 

改行

 

たとえば、用語説明枠ではそこまでコンテンツの幅を取りたくなかったりするので、

 

状況に合わせて、
このように
幅の狭い改行や、

 

 

従来の改行間隔を

 

うまく使い分けたり、

 

場合によっては

 

 

 

 

 

 

 

 

連続で改行ができるような仕様などがあると改行表現の幅が広がるだけでなく、読み手の目の負担や文章を読むリズムが整えられるので、改行の自由性も欲しいと感じています。
→離脱率を下げる

 

(編集の方の負担が増えてしまいますが……)

 

 

 

コンテンツ表現の幅を広げる

 

少し違った表現方法としては、

 

  • こんなかんじのボックス形式で重要ポイントを見やすく、メリハリをつける表現機能や、
  • あるいは↓の黒板チックな表現機能など

 

<サンプル>クリニックの選び方

 

    • 値段の安さだけで選ばない
    • アフターフォローがしっかりしているか
    • クリニックの場所

 

多様な表現機能があると、コンテンツの精読率は格段に上がると考えています。

 

記事内リンク

 

上の表現機能の詳細が気になる方は、以下のページをご覧ください。

 

詳細:精読率が簡単に20%も上がった3つの表現機能
↑偽リンク(トップページに飛びます)

 

 

 

この記事を読んだ人はコチラの記事も読んでいます。

 

関連:5分で完了!精読率が簡単に上がる表現機能の導入方法
↑偽リンク(トップページに飛びます)

 

 

 

といった具合に、記事内での内部リンクをする際にも、小さな強調表現マークなどをつけられるとクリック率が上がると感じています。

 

 

 

また、リンク文字に下線バーがついているか、ついていないかでもクリック率に変化が出てくるので、デフォルトでつくようになると個人的に助かります。

 

 

 

下線バーのほかにも

 

リンクブランクアイコンつきのリンク

 

アイコンがついているかどうかでも、分かりやすさに影響が出てきそうです。(未検証)